MENU

アーカイブ アーカイブ

Y.H2での新型コロナウィルス感染症対策について

平素より当事業所の活動へのご協力ありがとうございます。
 新型コロナウィルス感染症に関して、デルタ株の台頭により、全国的に感染拡大が続いており13都道府県に緊急事態宣言が8月20日~9月12日まで発令されました。大分県でも、感染が急拡大しています(人口10万人あたりの新規感染者数や病床使用率なども上昇し、総合的にみてステージ3の状態)。
感染防止対策の基本はウィルスを施設内に持ち込ませないことであることを踏まえ、職員及び利用者様等に対して、検温等の健康観察、手洗い及び手指消毒、換気、施設内の環境整備等の更なる感染対策の徹底を図りたいと思います。感染拡大防止のために、改めて下記についてご留意をいただき、ご協力お願いいたします。

 

1. 利用者様への対応について
・来所時に検温等の健康観察を行い、37.5℃以上の発熱や咳、痰、息苦しさ等の呼吸器症状が認められる場合は、感染症の可能性を考慮し保護者の方へご連絡をさせていただきお迎えをお願いいたします。

 

・ご自宅で37.5℃以上の発熱等がある場合は、お休みしてください。

 厚生労働省からの通達:発熱(37.5℃以上)が認められる場合には、利用を断る扱いとし、過去に発熱が認められた場合には、解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまで同様の扱いとする

・手洗いや手指消毒や咳エチケット、マスクの着用等の徹底

 

2. 新型コロナウィルス感染症にかかる当事以上業所への連絡について次の場合にはご連絡ください。
① ご本人に感染が判明した場合
② ご本人がPCR検査を実施することになった場合
③ ご本人が濃厚接触者と特定された場合(他の施設等)
④ 同居するご家庭の方等の感染が判明した場合
⑤ 同居するご家庭の方等が濃厚接触者と特定された場合

 

3. 新型コロナウィルス感染症の対応
・利用者および職員の感染が判明した場合は、臨時休業となります(期間は保健所の指示による)
・同居ご家族等感染症が判明した場合は、当該利用者の方は一定期間利用をお休みしていただきます。
・保健所の判断により、利用者や職員が濃厚接触者と特定された場合は、2週間程度の自宅待機となります。

 

令和3年8月24日 

DESIGNERS COMPANY Y.H 2020

代表理事  梅本 弥生

2021年08月24日 更新